ヒアルロン酸注入によって起こり得る副作用

キャレント口コミ
ヒアルロン酸の注入は、皮膚のたるみをなくしたい、低い鼻を高くしたいという人に高い人気があります。
自宅での手入れでだけでは思うようにいかないけれど、メスを使う美容施術はうけたくないという人向けです。
ヒアルロン酸注入は手軽に受けられる施術ですが、医療行為である以上、副作用のリスクを気にかける人もいます。
では、ヒアルロン酸を注入される際、どんな副作用を警戒する必要があるでしょう。
ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので、人体に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。
起こり得る副作用としては、ヒアルロン酸を注入した箇所の内出血や腫れが考えられます。
皮膚に針を刺し、ヒアルロン酸を注入するわけですから、内出血や腫れはある程度は発生しますが、1週間くらいで回復します。
ヒアルロン酸を皮膚に注入することで、皮膚を内側からふくらませるものですが、不自然なでこぼこになることがあります。
お肌が不自然にデコボコしている時は、溶解注射でヒアルロン酸を溶かしたり、マッサージでヒアルロン酸をなじませます。
何度もも同じ場所にヒアルロン酸を注入されていると、しこりになる可能性がありまずて、トラブルか起きないように注意してください。
血管が圧迫されることで血流障害が起こる可能性があります。
安全性の高い治療方法ですが、まれに副作用が起こる可能性がありますので治療を受ける際は、どのようなリスクがあるのかを確認した上で受けることが大切です。